世界遺産アカデミーについて
TOP  >  世界遺産アカデミーについて  >  研究員紹介  >  本田陽子 HONDA, Yoko

本田陽子 HONDA, Yoko

本田陽子 HONDA, Yoko

NPO法人 世界遺産アカデミー研究員。
筑波大学比較文化学類卒。大手広告代理店、情報通信社の大連(中国)事務所、文科省勤務を経て2012年より現職。

【編集 / 執筆 / 監修】

監修:
新・ポケット版 学研の図鑑「世界遺産」』(学習研究社刊)

校閲協力:
はじめて学ぶ世界遺産50 世界遺産検定4級公式テキスト
きほんを学ぶ世界遺産100 世界遺産検定3級公式テキスト
くわしく学ぶ世界遺産300<第2版> 世界遺産検定2級公式テキスト
(いずれもマイナビ刊)

【講演・講座】

講演:
2014年 高崎市青年会議所主催世界遺産応援プロジェクト「つなげよう!日本のシルクロード」にて
      「『富岡製糸場と絹産業遺産群』の価値と歴史的背景」
2014年~ 南島原ひまわり観光協会・南島原市主催 観光ガイド養成講演会
2014年 特定非営利活動法人子ども大学水戸「世界遺産の基礎と日本の世界遺産について」にて
      小学生~中学生を対象とした講演
2014年 芦屋川カレッジ「世界遺産とパワースポット」
2015年 ツーリズムEXPOジャパン「明治日本の産業革命遺産~九州三県」ブース 世界遺産セミナー
2015年 北九州商工会議所「世界遺産と末永く共に歩んでいくために」
2016年 新潟県燕市教育委員会「もっと楽しむための世界遺産入門」など
2017年 新潟県主催世界遺産セミナー「世界遺産を目指して~伝えていこう!佐渡金銀山の魅力と輝き~」

講座:
一橋大学、筑波大学(中国語の講義)、東京外国語大学、東京学芸大学、明治大学他多数

【メディア出演】

TBS「いっぷく!」、テレビ東京「NEWSアンサー」、NHK Eテレ『趣味どきっ!』「開け!世界遺産 日本史タイムカプセルの旅」全9回シリーズ(5~8回目解説)、schooWEB動画「ビジネスパーソンとして差がつく教養 -社会情勢を世界遺産から読み解く-

【メディア制作協力】

小学館『Precious』、幻冬舎『GOETHE』、マイナビニュース「1分でできる世界遺産小話」「行った気になる世界遺産」

【その他の活動】

小学生向け世界遺産講座「世界遺産ワクワク探検隊」、毎日新聞社「学びのフェス」、川崎市の同様の企画で講師を務める。

【最新メディア協力実績】
2017-07-11
2017年7月10日(月)、FMぐんま「ユウガチャ!」の「ユウガチャ!フォーカス」のコーナーに研究員・本田陽子が出演。「上野三碑(こうずけさんぴ)」について解説をしました。メディア協力ラジオ 
2017-07-10
2017年7月10日(月)発行「日経新聞」の「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」に関する記事で研究員・本田陽子の取材コメントが使用されました。メディア協力新聞・雑誌・書籍 
2016-07-25
2016年7月17日「毎日新聞」に研究員・本田陽子の取材コメントが掲載されました。 メディア協力新聞・雑誌・書籍 
2016-06-22
2016年5月10日発行号「慶應塾生新聞」の「旧図書館、世界遺産は可能?」に関する記事で研究員・本田陽子の取材コメントが使用されました。メディア協力新聞・雑誌・書籍 
2016-03-24
2016年3月22日(火)、schooWEB動画「ビジネスパーソンとして差がつく教養 -社会情勢を世界遺産から読み解く-」に研究員・本田陽子が出演。メディア協力Web 

その他の研究員

目黒正武 MEGURO, Masatake

目黒正武  MEGURO, Masatake特任研究員

NPO法人 世界遺産アカデミー特任研究員。 明治大学商学部卒。旅行会社に就職後、国内外多数の世界遺産で現地経験を積む。2005年より現職。 青山学院大学非常勤講師、文化学園大学非常勤講師、八洲学園大学非常勤講師。
宮澤光 MIYAZAWA, Hikaru

宮澤光  MIYAZAWA, Hikaru主任研究員

NPO法人 世界遺産アカデミー主任研究員。 北海道大学大学院国際広報メディア研究科博士後期課程を満期単位取得退学。仏グルノーブル第Ⅱ大学留学。國學院大学北海道短期大学部兼任講師を経て、2008年より現職。跡見学園女子大学非常勤講師。

お問い合わせ窓口

研究員への取材、メディア出演などはこちらへお問い合わせください。

■インターネットでのお問い合わせ

お問い合わせはこちらから

■お電話でのお問い合わせ
NPO法人 世界遺産アカデミー 03-6212-5020(土日祝休み)