event
NPO法人 世界遺産アカデミーTOP  >  イベント情報  >  2022年8月28日(日)開催、文化遺産国際協力コンソーシアム(JCIC-Heritage)第31回研究会『技術から見た

2022年8月28日(日)開催、文化遺産国際協力コンソーシアム(JCIC-Heritage)第31回研究会『技術から見た国際協力のかたち』のご案内

講座・セミナー 講座・セミナー
(2022-08-02更新)

※PCでご覧の方は、こちらもどうぞ。

文化遺産国際協力コンソーシアム(JCIC-Heritage)より、第31回研究会開催のお知らせです。
このたび、2022年8月28日(日)に、Webexによる、
文化遺産国際協力コンソーシアム第31回研究会『技術から見た国際協力のかたち』が開催されます。
ご関心のある方は、参加されてみては、いかがでしょうか。

文化遺産国際協力コンソーシアム(JCIC-Heritage)第31回研究会(ウェビナー)
 『技術から見た国際協力のかたち

【日 時】2022年8月28日(日)15:00~17:00 ※14:50より入室開始。
【会 場】オンライン開催のため、フリーアドレス ※Web会議システム「Webex」を使ったセミナーです。

【趣 旨】
 文化遺産保護の分野でも、新しい機器や技術が導入されることで、
 調査や研究における記録や保存の作業が
 ますます効率化・高精度化されるようになってきていると同時に、
 様々な技術の導入は、文化遺産に関わる調査・研究手法や国際協力の
 あり方そのものにも変化をもたらしています。
 本研究会では、日本が関わる文化遺産国際協力の現場における具体的事例を紹介しつつ、
 多様な社会的・文化的背景のもと行われる活動の中で
 我々は新技術にいかに向き合うべきかについて考える機会とします。

プログラム
 15:00~15:05 開会挨拶・趣旨説明
       :文化遺産国際協力コンソーシアム 副会長 青木 繁夫 氏
 15:05~15:25 「社会における技術の変化:テクノロジーとどのように向き合うか」
       :国立科学博物館、産業技術史資料情報センター 亀井 修 氏
 15:25~15:45 「複数国の協力による技術導入
        :カンボジア・ライダーコンソーシアムの設立による遺産研究と保護」 
       :筑波大学 芸術系 准教授 下田 一太 氏
 15:45~16:05 「身近な最新技術で文化遺産保護を広める:誰もが取り組める計測記録を目指して」 
       :金沢大学 古代文明・文化資源学研究所 客員研究員 野口 淳 氏
 16:05~16:50 パネルディスカッション
         パネリスト:青木 繁夫 氏、下田 一太 氏、野口 淳 氏/モデレーター:亀井 修 氏
         コメンテーター:文化遺産国際協力コンソーシアム 事務局長 友田 正彦 氏
 16:50~17:00 まとめ・閉会挨拶 
       :友田 正彦 氏

【言 語】日本語
【詳 細】こちらより、ご覧いただけます。
【参加費】無料 ※要事前申込

【お申し込み方法】こちらの「申込フォームより、お申し込みください。
【お申し込み締切日】2022年8月24日(水)

【お問い合わせ】文化遺産国際協力コンソーシアム事務局
        独立行政法人 国立文化財機構 東京文化財研究所 所内
        TEL:03-3823-4841/FAX:03-3823-4027/E-mail:consortium@tobunken.go.jp

【主 催】文化遺産国際協力コンソーシアム事務局文化庁