event
NPO法人 世界遺産アカデミーTOP  >  イベント情報  >  「紀伊半島大水害復興キャンペーン」と「そろそろ和歌山に行ってみようキャンペーン2012」連動イベント和歌山てらこや講演会

「紀伊半島大水害復興キャンペーン」と「そろそろ和歌山に行ってみようキャンペーン2012」連動イベント和歌山てらこや講演会 ~千年の願い 心繋ぐ明日へ~

講演会 講演会   タグ:日本 
(2014-12-15更新)

2012年も「そろそろ和歌山に行ってみようキャンペーン」が、
2月4日(土)と5日(日)の2日間、東京・浜松町の文化放送本社にて開催されます!
昨年、豪雨で被災した紀伊半島の「大水害復興キャンペーン」と併せた、和歌山県の復興を祈るイベントとして、
今年の「そろそろ和歌山に行ってみようキャンペーン」は、伝統古典文化である道成寺縁起や
創作落語「熊野詣」など、昨年以上に和歌山の魅力を感じることができることでしょう。
関心のおありになる方は、ご参加されてみてはいかがでしょうか。

<<和歌山てらこや講演会 ~千年の願い 心繋ぐ明日へ~>>

【主  催】社団法人 和歌山県観光連盟 わかやま喜集館

【開催日時】2012年2月4日(土):第1部 14:00~15:30/第2部 17:00~18:30
       2012年2月5日(日):第1部 11:00~12:30/第2部 14:00~15:30
       ※会場時間は各回30分前となります。

【開催会場】文化放送本社12階メディアプラスホール
        〒105-8002 東京都港区浜松町1-31

【交通アクセス】JR線「浜松町」駅北口すぐ
          都営大江戸線・都営浅草線「大門」駅より徒歩1分
          東京モノレール「浜松町」駅より徒歩1分

【開催概要】詳細はこちらよりご覧ください。
        「道成寺絵巻」や「創作落語熊野詣」、「熊野曼荼羅絵解き」をお楽しみいただけます。

【講 演 者】◆第1部:道成寺・副住職 小野 俊成 氏
             道成寺に伝わる安珍(あんちん)と清姫(きよひめ)の物語を描いた
             「道成寺縁起」の絵解き説法と、道成寺物と呼ばれる古典芸能を紹介します。
       ◆第2部:熊野亭 雲助(ゆやてい・くもすけ)氏/今熊野 比丘尼(いまくまの・びくに)氏
             故・五代目桂文枝師匠が熊野体験をふまえて創作された落語「熊野詣」と
             熊野比丘尼による「熊野曼荼羅」の絵解きを実演します。

【参加人数】各100名(事前申込制・先着順)

【参 加 費 】無料(ご参加された方全員に参加特典プレゼントがあります)

【お申し込み方法】<<FAXでのお申し込み>>
           
 こちらよりパンフレットをダウンロードし、「申込欄」に必要事項をご記入後、
            下記、
わかやま喜集館までお申し込みください。
           <<お電話、メール、はがきでのお申し込み>>
            下記、
わかやま喜集館までお問い合わせください。

【お問い合わせ】わかやま喜集館 https://kishukan.com/
          〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館B1   
          TEL:03-3216-8000/FAX:03-3216-8002
          (10:00~19:00/日曜・祝日10:00~18:00)
          E-mail: wtkankou@sepia.ocn.ne.jp