event
NPO法人 世界遺産アカデミーTOP  >  イベント情報  >  2021年4月10日(土)開催、WHA客員研究員・目黒 正武によるオンライン特別講座(無料)第2弾!『神道の歴史を世界遺

2021年4月10日(土)開催、WHA客員研究員・目黒 正武によるオンライン特別講座(無料)第2弾!『神道の歴史を世界遺産から見てみよう!!-宗像大社と厳島神社-』のご案内

講座・セミナー 講座・セミナー   タグ:日本国 
(2021-02-22更新)

※PCでご覧の方は、こちらもどうぞ。

このたび、世界遺産アカデミーでは、2021年4月10日(土)に、WHA客員研究員・目黒 正武によるオンライン特別講座の第2弾、『神道の歴史を世界遺産から見てみよう!!-宗像大社と厳島神社-』を開催いたします。

今回は日本の世界遺産「宗像大社」と「厳島神社」をテーマに取り上げて、文化遺産から神道の歴史を紐解いていきます。

また、本セミナーは、参加費無料(要事前申込)で、Web会議システム「Zoom」内での講演をYouTubeでライブ配信する、ウェビナー形式のオンラインセミナーです。WiFiや有線回線などインターネット接続のできる環境でしたら、どなた様も、PCやタブレットPC、スマートフォンなどを使って、ご視聴いただけます。

この機会をぜひお見逃しなく! 皆様のお申し込みを心よりお待ちいたしております。

WHA客員研究員・目黒 正武によるオンライン特別講座
神道の歴史を世界遺産から見てみよう!!-宗像大社と厳島神社-

  遺産群全景/「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」 
※遺産群全景/「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」

  大鳥居/『厳島神社』
※⼤⿃居/『厳島神社』

【日 時】2021年4月10日(土)10:30~12:00

【会 場】オンライン開催のため、フリーアドレス。

※本セミナーは、Web会議システム「Zoom」内での講演をYouTubeでライブ配信する、ウェビナー形式のオンラインセミナーです。WiFiや有線回線などインターネット接続のできる環境でしたら、PCやタブレットPC、スマートフォンなどを使って、ご視聴いただけます。

【担当講師】WHA客員研究員・目黒 正武(めぐろ・まさたけ)
NPO法人 世界遺産アカデミー客員研究員。 明治大学商学部卒。旅行会社に就職後、国内外多数の世界遺産で現地経験を積む。2005年より現職。大東文化大学非常勤講師、文化学園大学非常勤講師。

【講師からのメッセージ】
2017年「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」の世界遺産登録が実現しました。航海の安全を司る“宗像三女神”を祀る神社建築の世界遺産です。しかし、何か疑問を感じませんか? 宗像三女神を祀る神社建築の世界遺産としては、1996年に『厳島神社』が登録済みです。『姫路城』は、木造城郭建築の代表として、1993年に日本で最初の世界遺産のひとつに登録されました。「彦根城」も、1992年には暫定リストに登録されていましたが、未だに世界遺産登録は実現していません。「木造城郭建築」という“顕著な普遍的価値”を有する世界遺産は1件で充分だ、という考え方です。それでは「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」は、なぜ世界遺産登録が実現したのでしょうか!? 第2回目となる本講座では、神道の歴史を世界遺産から見ていきます。

【参加費】無料 ※事前申込制
【ご視聴方法】本セミナー実施日の2~3日前に、配信URLをメールでお知らせいたします。
セミナー当日は、お時間となりましたら、その配信URLにアクセスしてご視聴ください。
※ご案内メールが届かない場合は、下記までお問い合わせください。

【お申し込みの流れ】
①下記のお申し込みフォームより、お申し込みください。
『神道の歴史を世界遺産から見てみよう!!』お申し込みフォーム
※当該サイト内の「注意事項」、「個人情報の取り扱いについて」を必ずご確認の上、お申し込みください。
②本セミナー実施日の2~3日前に、ご受講のご案内として、セミナーの配信URLなどをメールでお知らせいたします。
【お申し込み締切日時】2021年4月5日(月)お昼12:00

【お問い合わせ】NPO法人 世界遺産アカデミー/E-mail:secretary@wha.or.jp
【主 催】NPO法人 世界遺産アカデミー