世界遺産アカデミーTOP >  タグ: パレスチナ自治政府 を含む記事一覧

タグ: パレスチナ自治政府 を含むページ一覧

1 2 13件中 1 - 10件目を表示

世界遺産ニュース Vol.1,465 『イエス生誕の地:ベツレヘムの聖誕教会と巡礼路』

世界遺産検定マイスター・片岡 英夫 Presents 今、注目の世界遺産ニュース!! ◆聖地ベツレヘム、先行きに不安=「占領下の観光」に限界-パレスチナ――(AFP BB NEWSより) 『イエス生誕の地:ベツレヘムの聖誕教会と巡礼路』/パレスチナ自治政府 2012年 登録基準(ⅳ)(ⅵ)

世界遺産ニュース Vol.1,440 『ヘブロン:アル・ハリールの旧市街』

世界遺産検定マイスター・片岡 英夫 Presents 今、注目の世界遺産ニュース!! ◆9千年前の奇妙な石仮面を発見、でも謎だらけ――(National Geographicより) 『ヘブロン:アル・ハリールの旧市街』/パレスチナ自治政府 2017年 登録基準(ⅱ)(ⅳ)(ⅵ)

世界遺産ニュース Vol.1,042『エルサレムの旧市街とその城壁群』

世界遺産検定マイスター・片岡英夫の世界遺産情報NEWS!! 『エルサレムの旧市街とその城壁群』 聖墳墓教会は、イエス・キリストが磔刑された「ゴルゴダの丘」の跡地とされています。 ◆エルサレム「聖墳墓教会」が異例の閉鎖、イスラエル税法に抗議――続きを読む(AFP BB NEWSより)

世界遺産ニュース Vol.1,013「UNESCO」

世界遺産検定マイスター・片岡英夫の世界遺産情報NEWS!! 「UNESCO」 イスラエルも、アメリカと同じ2018年12月31日の脱退を、表明しました。 ◆ユネスコ脱退を正式通知 イスラエル、米国に続き―――続きを読む(産経ニュースより)

世界遺産ニュース Vol.997「UNESCO」

世界遺産検定マイスター・片岡英夫の世界遺産情報NEWS!! 「UNESCO」 政治的意図が、世界遺産をも巻き込んで、複雑に絡み合っています。 ◆アメリカはなぜユネスコ脱退を表明したのか? 世界遺産をめぐる中東の思惑―――続きを読む(THE PAGEより) ◆研究員ブログ131「アメリカ合衆国のユネスコ脱退を考える……世界遺産への影響は?」

世界遺産ニュース Vol.902『ヘブロン:アル・ハリールの旧市街』

世界遺産検定マイスター・片岡英夫の世界遺産情報NEWS!! 『ヘブロン:アル・ハリールの旧市街』 世界遺産登録と同時に、危機遺産リストにも記載されました。 ◆世界遺産登録でも歓迎ムードなしヘブロン旧市街――続きを読む(読売ONLINEより)

世界遺産ニュース Vol.794『エルサレムの旧市街とその城壁群』

世界遺産検定マイスター・片岡英夫の世界遺産情報NEWS!! 『エルサレムの旧市街とその城壁群』 イスラエルと米国政府に相対して、パレスチナ側はUNESCOの決議に賛成しています。 ◆イスラエル、ユネスコとの協力関係を停止 聖地への言及で――続きを読む(CNN.co.jpより)

世界遺産ニュース Vol.743『イエス生誕の地:ベツレヘムの聖誕教会と巡礼路』

世界遺産検定マイスター・片岡英夫の世界遺産情報NEWS!! 『イエス生誕の地:ベツレヘムの聖誕教会と巡礼路』 12世紀に描かれたとされる、天使のモザイク画が、復元されました。 ◆漆喰の下に12世紀のモザイク画を発見、聖誕教会――続きを読む(NATIONAL GEOGRAPHICより)

世界遺産ニュース Vol.453「パレスチナ暫定世界遺産」

世界遺産検定マイスター・片岡英夫の世界遺産情報NEWS!! 「パレスチナ暫定世界遺産」 ワディケルトの谷をはじめとした歴史的遺跡や自然景勝地が、世界遺産に登録申請されます。 ◆パレスチナによる複数の世界遺産登録申請――、続きを読む(イランラジオより)

本田陽子:マイナビニュース連載コラム第2回目「パレスチナにも世界遺産があることをご存知? その場所はイエス生誕の地!」

新着情報       タグ:パレスチナ自治政府 
(2014-12-16 更新)
マイナビニュースの旅行カテゴリで 本田陽子研究員の連載記事を掲載中です。 隔週の火曜日掲載です。 1分でできる世界遺産小話  パレスチナにも世界遺産があることをご存知? その場所はイエス生誕の地!
1 2 13件中 1 - 10件目を表示